最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 3/18ダイヤ改正で消滅した列車 ~半蔵門線直通列車編~ | トップページ | 3/18ダイヤ改正で消滅した列車 ~急行列車編~ »

2006年4月 2日 (日)

3/18ダイヤ改正で消滅した列車 ~準急列車編~

※これまた重い内容ですが最後までご覧になって頂ければ幸いです。

伊勢崎線・日光線系統の優等列車の一つとして昼夜問わず長らくの間、浅草~伊勢崎間、新栃木や遠くは東武日光や東武宇都宮までの幅広い区間を運行した種別であったが、伝統破りとも言える今回のダイヤ改正で今までの準急は区間急行へと名称が変更され、朝と夜間のみの運行と縮小されている。

使用車両は主力の8000系や10000系列のみならず、(少々時代が遡るが)古くは7800型や5000系列、2000系等と様々な車両が充当された。また早朝と夜間の一部では6050系が使用される列車も存在した。半蔵門線との直通運転が実施される前までは30000系も準急運用をこなした。更にはローカル区間でのワンマン運転を目的に登場した800/850系も昨年の7月からダイヤ改正までの僅かの間であったが慣らし運転として本線上の準急でも活躍した。最近では半蔵門線との直通運転が開始されてから消滅した30000系の準急運用も50050系の登場で乗り入れ機器を譲り地上運行向けに転用された31613Fと31413Fが僅かの間であったが再びその姿を見せてくれた。

ここでは当たり前の様に見られた準急列車を大まかに紹介する。撮影したものに関しては側面表示も一緒に掲載。

★浅草行き

伊勢崎線の行き先で一番最初に浮かぶものと言っても過言ではない。我々鉄道ファンのみならず利用者にとっても非常に馴染み深い行き先だったと思う。昼夜問わずどの時間でも当たり前の様に見られた列車だが、今回のダイヤ改正で区間急行に名称が変更され、日中は半蔵門線直通列車が主体となるため運転時間帯が朝と夜間のみに縮小された。

やはり当たり前に見られた列車だけに廃止を惜しむ声も多かった。

_002_5  Img00001_5  Img00000_5  _176  Img00006  Img00007

Img00003_3  _127

     

~側面表示~

_177  _171  _021_4  _002_6        

★北千住行き

主に平日朝の通勤時間帯に多く存在した。そのため8両や10両といった長編成の運用が多数存在した。こちらも区間急行に変更されている。

Img00001_6  _035_2  Img00002_1  _043_1

★館林行き

東武動物公園以北を走行する列車で最短の行き先がこの館林行き。平日だけに関しては朝に10連、夜には10連の他に8連の列車等も数本存在した。こちらも区間急行に変更されている。

Img00003_4  _041  Img00004_4  Img00005_4

~側面表示~

_151

★太田行き

東武動物公園以北伊勢崎線方面に行く列車の一つ。本数はやや少なかった。こちらは6連のみの運用だった。こちらも区間急行に変更されている。浅草発の伊勢崎行きが消滅(特急りょうもう号は除く)した現在ではこの太田行きが最長列車となっている。

本数が少なかったという事もあるのか太田行きの写真があまりにも少ない…。もっと撮っておけば良かったと…。orz

Img00006_2  _0082

★伊勢崎行き

伊勢崎線方面行きで終点まで行く最長の行き先。平成15年の改正まではA準急(または準急A)という東武動物公園以北は久喜、加須、羽生、館林、足利市、太田と停車し太田以北は各駅に停車する列車も存在した。今回の改正で太田~伊勢崎間はワンマン化されたため浅草からの直通列車は夜間にある特急りょうもう号の1本を除いて消滅した。

_005_8  Img00008_1  Img00009  _047_1  Img00010

~側面表示~

_172  _012_6

★南栗橋行き

東武動物公園以北日光線方面へ行く列車の一つ。日中時は1本/hのみ存在した。こちらは全時間帯の殆どが半直急行に変わり、区間急行に変わった列車は僅しか存在しない。なお、平日の早朝には10000系列限定だが4両編成の運用も存在した。

Img00011  Img00012  _002_7  Img00013

~側面表示~

_134

★新栃木行き

こちらは日中時は2本/h運転された。こちらも区間急行に変更されている。夜間には6050系が充当される列車もあった。(現在も区間急行で存続)

Img00000_6  _056_1  _016_1  _004_12

~側面表示~

_078_2  _150  _019_2  _002_8

★東武日光行き(6050系限定運用)

早朝に1本のみ存在。上記の通り使用車両は6050系の2+2連。こちらも区間急行となり現在も存在している。沿線住民なら撮影出来るかもしれないが、他の沿線住民の自分にとっては非常に難しいものだった…。

_012_7

~側面表示~

Photo_2

★東武宇都宮行き (10000系列限定運用)

休日の早朝に1本のみ存在。使用車両は10000系列4連だが基本的に2+2連が入る事が多かった。現在は区間急行に変わり南栗橋までに区間が縮小されている。

昨年の12月には地上向けに転用された31413Fが数日程充当された事もあった。

_022_2  _005_9

~側面表示~

_025_1  _010_8

★東武日光・東武宇都宮行き(8000系限定運用)

夕刻時に1本だけ存在した珍列車の一つ。使用車両は山岳区間でも走行可能な8000系で、分割を行うため4+2連あるいは2+2+2連の編成に限られており、余程の事が無い限りそれ以外の車両が充当する事は無かった。ダイヤ改正が実施される度に廃止の噂が流れたが幸いにも存続された。だが今回の改正で惜しくも廃止された。改正後は新栃木までと区間が縮小されている。

8000系が日光線の新栃木以北と宇都宮線に入線する唯一の列車でもあった。

_034_1  _029_1  _038_2  _045

~側面表示~

_034_2  _035_3  _039_1  _040_1

…想定外な事に最終日は車両の留置の関係でなんと10000系(11602F)が充当した。なお、その列車は新栃木で6050系(恐らく?)と車両交換がされた模様。ここから余談となるが、この日をもって廃止された寝台特急「出雲」や東海道線113系の方もフィーバーした様だが10000系使用による最後の日宇準急もそれらに負けない程のフィーバー振りだった。

↓その様子がこちら↓

_045_1  _049_1  _051  _062_2

~側面表示~ 浅草発車前までは準急東武宇都宮表示だったが直前で東武日光表示に切り替わった。

_058_1

★東武動物公園行き

朝と平日の夜間に数本のみ存在した。運用の関係で土曜日のみ10連で運転される列車もあった。現在は区間急行に変更されているが休日に1本のみの存在となった。

Img00001_7  _001_5  _006_6  _016_2

~側面表示~

_004_13

★北春日部行き

平日の深夜に1本のみ存在したこれまたレアな列車。通常では北春日部に停車しないが入庫の関係で北春日部止まりとなっている。東急東横線でいう急行元住吉行きと同じ。8000系、10000系列のどの車両でも入る共通運用のため800/850系も充当する事もあった。800/850系でも撮る機会があったが結局撮れずに終わった…。orz  こちらも区間急行として存続。 

_033_2

~側面表示~

_037_2  

次は急行列車編を特集…                                                                                                                                                                                              

« 3/18ダイヤ改正で消滅した列車 ~半蔵門線直通列車編~ | トップページ | 3/18ダイヤ改正で消滅した列車 ~急行列車編~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。