最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 07-103F運用離脱→綾検へ | トップページ | 東横線 夏のPRトレイン »

2006年7月25日 (火)

祝!5000アクセス突破★

毎度当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。1月下旬に創設してから約半年で5000アクセスを突破しました!(^0^)v

アクセス向上を目指し、これからもネタ満載でお届け致しますのでこれからも見届けて頂けたら幸いです。

さて、今回は5000アクセス記念なので形式に5000の付く車両の写真を載せていきます。但し公開するのは自分の手元にある写真のみですので「○○の写真が無い」等と言ったクレームはご遠慮下さい。

Img00000_9 _093_1  Img00001_11 

_021_7 Img00002_4  Img00004_6          

C_019 _028_7 Img00005_6

Img00006_4 Img00003_6

~ちょっと解説~

・一段目

左:メトロ5000系…昭和39年に東西線用の車両として登場。6000系の登場に先駆けてアルミ車体の編成も登場したが05系の登場により廃車が進み、現在は4編成のみの活躍となっている。間もなく転入される有楽町線07系との入れ替えのため今年度を目処に引退予定。東京メトロ生誕1周年ヘッドマークを飾り誇らしげに走る…。  2005年3月 西葛西にて。

中:メトロ5000系(千代田支線用)…綾瀬~北綾瀬間で活躍していたがアルミ車の5000系と入れ替わり、暫くは新木場車両基地内の入れ替え車として動いていたが、2005年初旬(?)に廃車となった。  2004年9月 新木場車両基地にて。(イベント時に撮影)

右:西武5000系レッドアロー…昭和44年の西武秩父線の開業に伴い登場した西武鉄道初の特急型車両。長い間「レッドアロー」の名で親しまれたが平成7年に後継の10000系NRAの登場により引退した。現在は一部の車両が富山地方鉄道に渡っている他、保存用に先頭車1両と先頭フォルムのみのカット車が残されている。  2001年9月 横瀬車両基地にて。(イベント時に撮影)

・二段目

左:東武5050系…昭和55年に登場した老朽化した旧型車7800型から主要機器を流用した車両。当初は越生線や伊勢崎線、野田線で活躍していたが3000系が引退後に館林地区、栃木地区に移動した。しかし今年のダイヤ改正の一環である館林地区ローカル線のワンマン化により全車撤退し、現在残るのは栃木地区のみとなり、そこが釣り掛け車の最後の活躍の場となっている。  2006年2月 館林にて。

中:東武5070系…5050系と同様に旧型車7800型から主要機器を流用した車両でこちらは昭和59年に登場。長らく野田線で活躍したが2004年のダイヤ改正の前に消滅した。  2001年4月 柏にて。

右:東急5000系(二代目)…平成14年に登場した8500系に代わる田園都市線の主力車両。JR東日本と東急車輛との共同開発により生み出されたこの車両は今後の東急電鉄の車両製造基準の標準化が図られている。初代の5000系(通称:青ガエル)の面影は全くと言って良い程無いが今後、東急の主として活躍して行くに違い無いであろう。現在ではラッシュ時対策で、6ドア・座席格納車両も登場している。  2005年7月 押上にて。

・三段目  

左:東急5050系…平成16年に登場した東横線用の5000系。東横線はラインカラーがピンク(本来は赤)のため、ピンクのラインが引かれている。こちらは8000系や8590系の代替目的で登場したためある意味侵略者とも言えよう…。写真は田園都市線内での試運転の様子。  2006年7月 長津田にて。

中:東急5080系…平成15年に目黒線の輸送力強化のために導入された目黒線用の5000系。こちらは基本は3000系とほぼ同じのため、5000系や5050系で採用されている車内TIPは2段式のLEDを使用している他、VVVF装置のメーカーの違い等が見られる。今年は3編成目が間もなく搬入される予定。  2004年8月 武蔵小杉にて。

右:都営5300形…平成3年に登場した5000形の代替車両として登場。都営地下鉄で初のVVVFインバータを採用。自社線内のみならず南は三崎口、東は成田空港まで幅広い範囲で活躍する。写真は箱根駅伝開催に伴い空港線への入線が不可となり見る事が出来た京急川崎行き  2006年1月 新馬場にて。

・四段目

左:小田急5000形…昭和44年に登場した2600形に続く大型通勤車。主に急行の増結用に使用されており、現在まで廃車は一両も発生していないが、3000形の増備によっては間もなく廃車が出るとされている。2600形、4000形、9000形が引退した現在ではこの車両が最古参となっている。  2005年2月 新百合ヶ丘にて。

中:小田急5200形…昭和52年に大型通勤車の急行・準急列車の10両編成の運転に際し登場した5000形の6両固定編成。側面スタイルは9000形と同じため全体的にすっきりとした印象となっている。平成9年から車内更新工事が施行されたが3000形の増備によって廃車が発生している。写真は今ではめっきり減ってしまった「小田急顔」の3本立て。  2005年8月 相模大野にて。

« 07-103F運用離脱→綾検へ | トップページ | 東横線 夏のPRトレイン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。