最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

メトロ10000系撮影会

今日は新木場車両基地にて撮影会が行なわれた。その様子をお届けする。

8_001 撮影会に伴い、都バスも臨時増発便を運行。

8_003 会場では係員が07系と10000系を模ったプラカードで案内。

8_015 入口付近から。

ここから銀塩カメラを鞄から取り出し撮影をしようとしたのだが、フィルムを挿入する所のカバーが微妙に開いていており、閉めようとしたのだが閉まらず。一度、フィルムを全部巻いてカバーを開閉しようと試みるが直らず。終いにはオープンレバー(フィルムを出し入れする際に使用する部品)の一部分が破損するという始末…。カバーがパカパカすれば当然フィルムは感光するので銀塩での撮影は断念した。購入して5年経過し、そろそろ何所かが故障しても可笑しくないと先日ブログに書いたが、遂にその時が来たようだ…。orz
もうこの段階で撮影する意欲は半減した。

8_030 撮影会場から。左から10101F、07101F、7101F。

8_043 並びの横にはビデオ放映用として7119Fが開放。

8_056 そのビデオの内容は銀座線の運転席展望だった

8_057 車庫内には7129Fも。白Hゴムで唯一原型を保っている編成の一つ。

8_036 暫くすると西武6000系が入線。

8_039 7107Fと並ぶ。

8_042 数分後、7107Fが出庫。

8_063 暫くすると今度は東武9000系が入線。

8_068 先程入線した西武6000系と並ぶ。

8_074 東武車と西武車も加え賑やかな並びになった。

8_075 撮影会の反対側ではミニチュアトレインの運転も。(乗っている人が大人ばかりなのは気にしない。w)

8_076 反対側は7000系の顔。

8_110 かなり遣っ付け(w

8_006 10000系弁当は600円。

8_009 中身はチキンピラフ、焼きそば、唐揚げの三種類。自分は焼きそばを購入。味はまあまあ。

時間が余ったのでこのまま帰るのも何なので最寄の東千石橋停留所から東陽町へ。そこから深川車両基地に向かい、転属07系の様子を見てきた。

8_121 すっかり東西線仕様に様変わりした07103F。

8_122 すっきりしたスタイルの初期型と斬新なスタイルの06/07系顔との並び。

8_125 同時期に導入された05121Fと。

8_131 東西線用の新CS-ATCも搭載済み

8_016 帯の配置は07系と変わらず。カラーは新05系タイプ。東武と西武の無線アンテナは撤去されJRのアンテナを設置。

8_014 車番は未だにそのまま。

8_066 手前から05127F、07103F、05121F。貴方の好みは?

2006年9月24日 (日)

元住吉駅新駅舎使用開始

今まで使用されていた元住吉駅の従来ホームは昨日の終電を以って営業を終え、今日の未明から高架線への切り替え工事が行われ、始発から新駅舎の使用が開始された。
高架化された元住吉駅は2面4線+急行通過線2本の配置となり、東急では初の通過線設置駅となった。
改札口付近はTOKS等の駅売店が配置され、各駅停車だけ止まる駅とは思えない程綺麗な駅舎になっている。

また、これに伴い武蔵小杉~元住吉間の線路が切り替わった。その様子もお届けする。

6_013 切り替わり後の新しい線路から武蔵小杉に入線する5050系。

6_015 切り替わり後の目黒線の一時留置線は従来よりも更に奥へ。(デジタルズームを使用しているので画像が粗いのはご了承を…)

6_018 6_019 8000系も無事入線を果たした。

所変わって元住吉新駅舎へ。

6_021_1 横浜方から渋谷方を望む。

6_029_1 新しい駅名板は日、英、中、韓の4ヵ国表記。

6_023_1 優等列車は通過線を使用。

6_027 6_028 8000系も通過を果たした。

6_032 中線は目黒線の用地。

6_033 改札前広場。各駅停車だけしか停まらない駅としては勿体無い位だ。

6_035 ガラス越しから渋谷方面を望む。

6_036 帯無し8039Fが入線。

6_039 こちらが昨日まで使用していたホーム。廃止された今でも踏切の警報音が鳴って電車がやって来そうだ。

2006年9月23日 (土)

元住吉駅地平ホームの最期

長らくの間高架化工事を行ってきた元住吉駅だが、新駅舎がようやく完成し、9月23日を以って従来ホームはお役御免となった。
本当は最後の様子を昼間辺りに撮る予定だったが人身事故の影響で夜になってしまったのであまり良いものが撮影出来なかった…。

5_009 旧ホームを横浜方から渋谷方へ望む。

5_072 新駅舎の使用開始は翌日なのに何故か明かりが…

5_033 旧ホームを行き交う乗降客…

5_039 旧ホームを新型車両を行き交う…

5_042 余命幾ばくも無い8000系が到着。

5_061 出発した帯無し8039F。

5_005 こちらも見納め…。

=おまけ=

5_099

市が尾で人身事故…

今日は東横線5165Fの試運転を撮りにつくし野へ。その後、東武線内で伊豆急カラーの8614Fを撮りに行こうと引き返すところだったが、「12時22分頃、市が尾駅にて人身事故が発生し…」 と駅の列車案内LEDに流れ、予定が大幅に狂ってしまった…。
とりあえず長津田に下車し、発車するまで待機しようとしたが「長津田~あざみ野間は運転再開の見込みが立っておりません。横浜線をご利用下さい。」とのアナウンスが流れ急遽、横浜線で新横浜に出てそこから横浜市営地下鉄に乗り換えてあざみ野に出た。
あざみ野に到着したものの、再開の目処が立っておらず。田園都市線はあざみ野折り返しを余儀なくされていた。

この人身事故の影響で見られたあざみ野行きのシーンを掲載する。

後々で分かった事だが、どうやら今回の人身事故は急行列車(当該列車は15Kに充当していた8619F)に向かって飛び降り自殺を図ったそうだ。市が尾を通過する急行列車は相当な速度を出すため、当該の急行列車も同様にかなり速度が出ていたため遺体がバラバラになり、処理や現場検証をするのに時間が掛かったそうだ。
ご冥福をお祈り致します。

5_017 折り返し待ち中の5000系。

5_018 数分後、入線。折り返し押上行きに。

5_027 今度はフルカラーの8636Fが到着。フルカラーであざみ野表示は初めてか?

5_020 5_026 側面表示

5_032 次に来たのは30000系。昨年の変電所の停電時以来、約一年ぶりに見られた。

5_045 側面表示

5_011 折り返しのため江田寄りに退避。

5_013 陸橋には一般人を含めたギャラリーが…

↑の折り返しの押上行きに乗車し、表参道で下車。千代田線経由で北千住に移動した。こちらでは半直の北千住折り返しが行われていた様なのでそれも撮影しようとしたが、自分が到着した頃には既に直通運転が再開されていた。

5_048 5_049 最後の北千住折り返しの列車。

ようやく通常通りの運転になってきたのもつかの間。今度は梅島付近で架線にビニールが付着したとの事。どうやらビニールが付着したのが急行線の架線だった様で、特急は一時運転見合わせ。その他の優等列車は緩行線で走行された模様。そのため急行、区間準急は2番線に入線した。

5_024 普段では入線しない北千住2番線に停車中の8634F。

5_076 急行線抑止のため急行が特急を追い越すシーンも…。

5_088 区間準急久喜行きも勿論2番線に入線した。

2006年9月21日 (木)

ダイヤ改正に向けて…

9月25日にダイヤ改正が行われる東急だが、それに向けて動きが始まっている。
目黒線の急行運転開始に伴うLED表示のROM変更が行われ、今まで種別を表示していなかった各駅停車も「各停」と表示されるようになった。

ここでは移行期間限定で見られたROM交換済み編成と未交換編成との並び等の写真を公開する。

W_016 まだROM交換が始まっていない頃、武蔵小山の新ホームで撮影したメトロ9000系の並び

W_034 種別無表示で地上へ出てくるシーンが見れたのも短い間であった。  不動前にて。

W_009 こちらも期間限定だった。  洗足にて。 

Z_003 武蔵小山で急行試運転と営業列車との並び。(ブレ画でスマソ…)

Z_018 急行試運転とROM交換前の東急3000系との並び。  多摩川にて。

Z_020 上の折り返しで今度は都営6300形と。左の後方には8039Fも。

3 左の5080系も各停幕入りの新幕に交換済み。  武蔵小杉にて。

3_025 交換済みの都営6300形と未交換の埼玉高速2000系と。

3_026 未交換編成同士の並び その1

3_031 未交換編成同士の並び その2

=おまけ=

Img00000_11 幻となった種別無表示の日吉表示。  元住吉検車区付近にて。

2006年9月18日 (月)

ALWAYS~俺んちからの夕焼け~

タイトルの元ネタは去年ヒットした映画の一つから。

夕食時に窓から外を見ると綺麗な夕焼けだったので上に行って寝室の窓から撮影してみた。
もうすっかり秋の空ですね~。

3_003 3_004

3_008 3_009

2006年9月11日 (月)

メトロ10000系 西武線内にお披露目

9月1日より営業開始したメトロ10000系だが西武線内で誘導障害が発生し、中々入線が果たせなかったが今日未明に西武線内に無事、入線した。
入線後は保谷の所沢寄りにある留置線に留置された。

その様子をお届けする。なお、今日はカメラを持参しなかったのでケータイで撮影した。そのため画質が悪いのはご了承を…。

11 保谷1号踏切(?)から望む。

12 渡って反対側から。

15 13 

14 110 保谷2号踏切(?)付近から。西武9000系のトップナンバーと並ぶメトロ10000系。

111 全景

19 同じ10000系との並び。

114 今度は07系と。

2006年9月 7日 (木)

07-106Fが西武に貸し出し

昨日の夕方に突如、07-106Fが69Sで小手指へ回送され、今日は西武運用の14Mに充当された。
理由は不明だが恐らく西武6000系の13号線向け改造の入場により不足する予備本数の確保のために貸し出しされたものと思われる。
暫くの間は見られると思われるが、小手指車両基地の入庫では飯能寄り末端辺りまで入るので恐らく貴重になると思われる。早めに記録しておいた方が良いかもしれない。

X_043 所沢4番に到着する14M代走の07-106F。

X_048 小手指にて。

X_050 X_054 入庫シーン。(見苦しいですがご了承を…)

X_055 黄色い電車に囲まれてお休みしている07-106F。

X_057 X_060 X_062
末端部から。メトロ車がここまで入るのは習熟運転以来か?

X_033 X_065 X_034

今度はあらゆる角度から…。

2006年9月 6日 (水)

フィルム地獄orz…

自分の鉄道撮影は銀塩の一眼レフをメイン機材としているため毎度フィルムを現像しているのですが、その使用済みフィルムの数が日に日に増しています…。
現像する気が無いのではなく、度重なる珍ネタによるフィルムの消費で現像代までに金が回らないのです。
最初は7~8本溜まったら、あるいは一つのネタを撮り終えればすぐに現像の繰り返しでしたが3月のダイヤ改正前から頻繁に東武本線の消滅ネタばかり撮影したため、いつの間にか10本、20本と溜まり、結果的に現在では44本が未現像のまま家に放置しています…。orz
今のところ、ダイヤ改正前後辺りまではほぼ全て現像し終わりましたがGW辺りから現在までのフィルム(一部を除く)が未現像です…。

最近は撮影地等で撮影している方の殆どがデジタル一眼あるいはレンズ一体型デジカメで撮影しているので如何にデジタル化が進んでいるかが目に見えて分かるし、銀塩が不経済である事を改めて実感させられます。

確かに銀塩は思い出深い写真として残せるし、自然な色合い等を表現出来ますが、経済面やクオリティを考えるとやはりデジタルの方を選んでしまいますね。

060905_235405_1 未使用品ではなく全て使用済み。地獄です…。orz

2006年9月 4日 (月)

メトロ07系 珍行き先レポ 第四弾

07系レア行き先の第四弾
今日は休日の深夜に一本のみ存在する市ヶ谷行きをお届けする。

北行の最終列車であるため有楽町線沿線あるいはその近隣に住んでいる人間でないと撮ることは難しい。

V_079 新木場2番線に入線する07-101F。一日の運転も間もなく終わろうとしている…。

V_080 停車中の07-101F。

V_083 側面表示

V_084 和光市や川越市等の表示に見慣れている所為もあるのか同じ三文字でも市ヶ谷表示は新鮮味を感じる。

V_086 車内案内LEDもしっかり稼動。

V_092 市ヶ谷に到着した07-101F。客を降ろし、留置線で一夜を明かす。

W 留置線へ入って行く07-101F。「今日も一日お疲れ様でした…。」といった感じだろうか?

2006年9月 1日 (金)

メトロ10000系が有楽町線でデビュー!

これまで幾度も試運転が行われてきたメトロ10000系だが、今日9月1日、有楽町線にてデビューを果たした。
記念すべき一日目は27S運用に充当。残念ながら西武線内での誘導障害をクリア出来ていないが為に有楽町線及び東上線直通運用のみが含まれる運用で運転が開始された。

新車という事もあり、一般客の珍しがる表情や女子高生がケータイで撮影する姿などが伺える一日だった。

そんなデビュー初日の様子を追ってきた。

Y_026 留置線から出庫した10101F。(川越市にて)

Y_031 貫通扉の左横に貼り付けられたステッカー

Y_001 朝霞台では07系と。

Y_014 Y_015 側面表示は東武50000系と同じく行き先の他に号車表示も。

~TIPコレクション~ 面白いものや、あれっ!?と思うものまで

Y_004 Y_003 Y_017

Y_013 Y_019 Y_024

Y_005 Y_006 Y_021

東上線で帰宅の際に偶然50000系に乗車したが、同じ日立製のA-trainでありながらもメトロ10000系とは大きな「差」を感じました…。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »