最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マッコウクジラが帰ってきた! | トップページ | 東西線5000系さよならイベント »

2007年1月22日 (月)

感無量…

昨日は今では貴重な存在となりつつある東武8000系の初期修繕車同士(8127F+8509F)の併結シーンを撮影してきたのでその様子をお届けする。

39_005 なかなか実現しなかった初期修繕車同士の併結シーン

39_006 39_007 角度を変えて…

39_008 39_009 今回は車内も撮影☆

39_010 初期修繕車は運転台後ろの窓が埋められて無い事と座席下のヒーターの形状が原型というのが特徴。

39_015 ほぼ原型を保っている初期修繕車の運転台。

某掲示板(非2ch)を見たところ、行徳検車区にて5000系2本と07系1本が寝ているという事で予定を変更して妙典へ向かった。

39_028 今日はまさに行徳検車区撮影会!? 感動物です…(>д<)

39_019 老兵に挟まれた07-104F。この留置は計らいにしか見えません!!

39_022 その奥の方では5847Fの残骸が。訓練車になるという噂があったが、どうするのだろうか…?

39_033 今度は反対側から。深川も含めてだが、東西線の車両基地は他線区と違って開放感があり、ファンに対するサービス精神?があって良いなと思うのは自分だけだろうか…?

39_036 暫くして05-136Fが入線。

« マッコウクジラが帰ってきた! | トップページ | 東西線5000系さよならイベント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。