最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2006年11月16日 (木)

8590系、田園都市線で運行中!

東横線から田園都市線へ転属された8590系は9月の下旬から運用されているが、昨日ようやく撮影する事が出来たのでその様子をお届けする。

15_001 押上3番線に入線する8695F。

15_002 折り返しは長津田行き。

15_003 8631Fの急行南栗橋行きと並ぶ。

15_011 30000系との並びも撮れた☆

本来、8590系はみなとみらい線の乗り入れを行なうため、前面非貫通の8090系の先頭車と入れ替える形で登場した車両で、本当の目的で使用されたのは僅か2年半と短いものでしたが、こうして再び田園都市線へ戻って来た事により押上までの入線、三直が開始される前は営業運転上で顔合わせする事が無かった東武車との共演等が実現出来た事が嬉しく思います。

2006年9月23日 (土)

市が尾で人身事故…

今日は東横線5165Fの試運転を撮りにつくし野へ。その後、東武線内で伊豆急カラーの8614Fを撮りに行こうと引き返すところだったが、「12時22分頃、市が尾駅にて人身事故が発生し…」 と駅の列車案内LEDに流れ、予定が大幅に狂ってしまった…。
とりあえず長津田に下車し、発車するまで待機しようとしたが「長津田~あざみ野間は運転再開の見込みが立っておりません。横浜線をご利用下さい。」とのアナウンスが流れ急遽、横浜線で新横浜に出てそこから横浜市営地下鉄に乗り換えてあざみ野に出た。
あざみ野に到着したものの、再開の目処が立っておらず。田園都市線はあざみ野折り返しを余儀なくされていた。

この人身事故の影響で見られたあざみ野行きのシーンを掲載する。

後々で分かった事だが、どうやら今回の人身事故は急行列車(当該列車は15Kに充当していた8619F)に向かって飛び降り自殺を図ったそうだ。市が尾を通過する急行列車は相当な速度を出すため、当該の急行列車も同様にかなり速度が出ていたため遺体がバラバラになり、処理や現場検証をするのに時間が掛かったそうだ。
ご冥福をお祈り致します。

5_017 折り返し待ち中の5000系。

5_018 数分後、入線。折り返し押上行きに。

5_027 今度はフルカラーの8636Fが到着。フルカラーであざみ野表示は初めてか?

5_020 5_026 側面表示

5_032 次に来たのは30000系。昨年の変電所の停電時以来、約一年ぶりに見られた。

5_045 側面表示

5_011 折り返しのため江田寄りに退避。

5_013 陸橋には一般人を含めたギャラリーが…

↑の折り返しの押上行きに乗車し、表参道で下車。千代田線経由で北千住に移動した。こちらでは半直の北千住折り返しが行われていた様なのでそれも撮影しようとしたが、自分が到着した頃には既に直通運転が再開されていた。

5_048 5_049 最後の北千住折り返しの列車。

ようやく通常通りの運転になってきたのもつかの間。今度は梅島付近で架線にビニールが付着したとの事。どうやらビニールが付着したのが急行線の架線だった様で、特急は一時運転見合わせ。その他の優等列車は緩行線で走行された模様。そのため急行、区間準急は2番線に入線した。

5_024 普段では入線しない北千住2番線に停車中の8634F。

5_076 急行線抑止のため急行が特急を追い越すシーンも…。

5_088 区間準急久喜行きも勿論2番線に入線した。

2006年8月20日 (日)

多摩川花火大会開催に伴う臨時増発列車

毎年恒例となっている多摩川花火大会が今年も開催された。
それに伴い多数、臨時列車が運転された。その様子をお届けする。

S_001 各駅にある時刻表には花火大会の臨時ダイヤが張り出されていた。(長津田にて。)

S_004 S_006

S_007_1  S_008 臨時ダイヤの流れの関係で03K、23K、50T、76Tが代走運用に。(いずれも青葉台にて。)

S_016 S_024

S_030 S_035 15時代以降は臨時ダイヤに。全て各駅停車での運転となった。

S_028 一本目の二子玉川行きは8634Fが充当!

S_039 二本目は間もなく廃車と囁かれている8607Fが充当!

S_059 渋谷行きの一本目は30000系が…。全く想定外だった。

S_055 側面表示。

S_062 二子玉川駅は花火観客の帰宅で大混雑…。

S_064 二本目の渋谷行きも30000系!

S_069 三本目の渋谷行きはシャボン玉装飾の8637Fが充当。よって今年の渋谷行きは全てがネタ車でした。(^^v

S_071 運用の流れで結局代走のまま南栗橋に入庫する事になった5105F。他の運用にもこういう例があると思われるので明日も何本か代走が出そうだ。

2006年7月30日 (日)

隅田川花火大会開催に伴う臨時列車

今では夏の恒例行事となった隅田川花火大会。今年もその開催に伴い臨時列車が運行された。今年は「SUMIDA HA・NA・BI号」のみならず東武からは「隅田川花火号」が運転された。その様子をお伝えする。

隅田川花火号

H_001 東武動物公園に入線する1819F

H_015 1819Fがイベント列車で使用されるのは昨年のファンフェスタ以来の事。

H_012 特製のステッカー

H_013 側面もちゃんと表示。

H_035 乗車した人全員にうちわのプレゼント。しかし春日部以降は大混雑の為、全員に配布する事は不可能に…。

H_022 浅草に到着した1819F。もの凄い人出だった…。

H_024 何処の局か分からないが報道陣らしき姿が…。

SUMIDA HA・NA・BI号

H_096 今年はなんとメトロ8000系を使用!因みに往路はヘッドマークだった模様。

H_097 ステッカーのアップ

H_098 反対のホームから。

H_099 長津田にて。

H_101 鷺沼へ返却。ここからは運番は29Sから29Kに。

臨時増発列車

これら以外に見物客の帰宅に備え東武線から数本、臨時列車が運転された。その中で普段では平日の深夜にしか見られない区間急行北春日部行きが1本運転された。

H_095 北千住2番線に停車中の臨時の区間急行北春日部行き。

☆★☆隅田川花火大会☆★☆

H_034 H_037 H_038

H_042 H_045 H_049

H_054 H_080 H_088

H_091 H_092 H_093 

2006年7月 2日 (日)

「伊豆のなつ号」今年も運転!

昨年、東横線8000系を使用して「伊豆のなつ号」が運転されたが今年は田園都市線8500系を使用して運転される。

今回の運転目的も昨年同様、夏の観光シーズンに合わせて東急線を利用する客に伊豆をPRするものとなっている。また、車内の中吊り広告に伊豆の観光情報などに関するポスターを掲出し、車体側面には伊豆をイメージしたステッカーが貼られている。(ステッカー貼り付けは9月30日まで。)

使用車両は8500系8614Fで、今年は臨時ダイヤではなく通常ダイヤで毎日運行される。(ただし運休する日もある。)

昨日、簡単に撮影したのでその様子をお届けする。詳しい様子は後日追跡予定…。

A_002  溝の口にて

A_003  側面はこんな感じ。

A_007  前面帯のアップ。薄水色の方の帯は元の赤帯と寸法を合わしている為8000系と違って太い。

2006年4月29日 (土)

4/29、5/3~5 フラワーエクスプレス運転!

昨年のGWに運転されたフラワーエクスプレスが評判が良かったため(?)今年も運転された。使用車両は30000系で運転区間は長津田~太田間。停車駅は昨年と同じだが、今年は館林野鳥の森フラワーガーデンがオープンしたため最寄駅である茂林寺前にも停車する。

詳しい様子は後日、追跡予定。

_004_20  初日は31*04Fが充当。運番は78T。  春日部にて。

_006_10  HMのデザインは運転日の日付が加わった程度で昨年とほぼ同じ。

フラワーエクスプレスへの貸し出しのため、代走が発生している。

_025_3  今年は64Tで代走。初日は5105Fが充当。  表参道にて。

2006年3月22日 (水)

3/18ダイヤ改正で消滅した列車 ~半蔵門線直通列車編~

※結構重いですが、最後までご覧になって頂ければ幸いです。(にしても、作成するのにどれだけ時間が掛かった事か…(^^; )

2003年3月から約3年間、半蔵門線直通列車(以下半直)は「区間準急」と「通勤準急」で運行されていたが今回のダイヤ改正で見直しが施され、従来の区間準急は「準急」、通勤準急は「急行」と改められた。ここでは通常で見られた列車を掲載する。(詳細に関しては後ほど、地上車運用と含めて紹介)但し、限られた時間での撮影のため紹介しきれない点はご了承を…。

★区間準急中央林間行き

半直が開始されてから現在まで時間帯関係無しに運行された最もポピュラーな列車であった。今後は「準急中央林間行き」として存続する。

Img00001_2  Img00005_3  _011_10  Img00003_2  Img00004_2

~側面表示~

_046_1  _072_1  _004_7  _069_1

★区間準急南栗橋行き

平日夜間の一部の時間帯を除いてほぼ毎時間運行された列車。今後は準急で運転されるが、地上車の運用は存続。30000系も地上車では見る事が可能。(なので側面表示の掲載は省略)

Img00000_1  _055  Img00001_3  _002_1  _002_2

~側面表示~

_002_3 _062_1  _004_8

★区間準急東武動物公園行き

区間準急南栗橋行きと同様、朝と日中時を中心に見られた列車だがこちらも消滅。今後は準急で運転されるが今回、東武車の運用から東武動物公園行きが消滅した。(地上車では見られるため側面表示の掲載は省略)また、今回の改正で大半が久喜まで延長され東武動物公園行きも指で数える程度まで減少している。

_004_9  Img00000_3  _014_5  _064  _118

~側面表示~

_130  _005_6  _068_1

★区間準急北越谷行き

早朝と深夜に存在した列車の一つ。こちらも改正後は準急となっている。なお、今回の改正で北越谷行きが数本増発されている。なお今回、地上運用に区間準急北越谷行きが新設されたため、30000系でも地上車なら見る事が可能。(30000系の側面表示の掲載は省略)

 _010_6   _010_5  _028_4  

~側面表示~

_002_4  _006_5          

★区間準急長津田行き

主に長津田検車区に入庫する朝と夜間で見られた列車。運用の関係で東急車のみならずメトロ車や東武車の運用も存在した。こちらも今後は準急として運転される。

_139  _050_2  Img00001_4  _004_11  

~側面表示~

_141  _012_5  _060  _099_2

★区間準急鷺沼行き

午前で入庫する列車の関係で平日の朝2本のみ存在したレア行き先。鷺沼入庫となるためメトロ車限定で東急車、東武車の運用には存在しなかった。現在は準急となっているが、東武線からの鷺沼行きは1本のみと更にレア度が増している。

_059  

~側面表示~

_077_1

・おまけ ~30000系代走~

昨年の11月11日、C4664Tに充当していた31611F+31411Fが途中で車両故障を起こし急遽曳舟で打ち切り、直通運転を中止した。その後D677Sで折り返し南栗橋で別の30000系(31606F+31406F)と車両交換し、C877Sに充当したため普段ではお目にかかれない30000系の区間準急鷺沼表示が見られた。

_032

~側面表示~

_028_3

★区間準急押上行き

半直の南行最終列車で個人的に一番イレギュラーとも言える列車。押上到着後は翌日の朝までホームに留置される。東武線内止まりなので東武車の運用と思われがちだが、実はメトロ車運用。こちらも現在は準急に変更されている。

_005_7

~側面表示~

_010_7

★通勤準急中央林間行き

平日の朝4本、休日1本のみ存在した列車。準急(改正前までの)と殆ど同じ停車駅だったが、曳舟~北千住間は通過するため、「通勤」と付けられた。全てが東武車の運用だった。そのため、前日にダイヤが乱れて東急車あるいはメトロ車が東武車運用で南栗橋に入庫し、かつ平日なら60T、A62T、64T、68T。休日なら64Tに入らない限り見られなかった。(昨年の大晦日に前日のダイヤ乱れで8500系が通勤準急に入った模様で、前日8500系が東武車運用のまま南栗橋へ入庫したのを把握しており、もしかしたら64T(当時、休日に唯一、南行通勤準急存在した運用だった。)に入るかもしれないと思い早起きしたにも関わらず、まさか64Tに入る訳無いし、それに今日は終夜運転があるので無駄な労力は使わない事にしようと思い結局、睡魔に負けて寝てしまったという苦い過去が…。)

現在は急行に変更され、半直が主流のダイヤとなったため南行の列車は一部を除いて殆どがこれで運行されている。

_086

~側面表示~

_081_1  

★通勤準急南栗橋行き

平日の17時以降の北行はこの通勤準急で運転された。(休日にも深夜に2本存在した。)現在は急行となり、ほぼ全時間帯に渡り運転されるようになった。 

_071_1  Img00004_3  _086_1  _039  _020_3

~側面表示~

_027_2  _033_1 _011_11  _157 

★通勤準急東武動物公園行き

こちらは平日の夜間に4本(東急車2本、メトロ車、東武車各1本ずつ)のみ存在していた列車。この列車がそのまま急行化する事は無かった。

_031  _020_4 _145  _069_2  

~側面表示~

_028_5  _007_2  _147  _168

※番外編※ ★通勤準急曳舟行き

前述した通り昨年11月11日に31611F+31411Fが車両故障でC4664T通勤準急中央林間行きが急遽曳舟止まりになった。定期運用では一切存在しないため、最初見た時は誤表示と思った。

Img00000_4

2006年2月12日 (日)

2/12 東武30000系3本並び!

50050系の就役により半直から座を降りる事になった30000系。

まだ沢山乗り入れている今のうちという事で今日、押上で3本並びを撮影して来た。

この3並びは休日の20:48~20:51までの間、押上で見る事が出来る。(3並びが見る事が出来る時間帯は他にもあるかもしれないが…)

先に60Tが到着、その後56Tが到着して2本並ぶ。

_008_3

反対側から。

_011_4

そして58Tが到着し、3本並びする。左から31*06F、31*03F、31*14F

_015_1

これが数ヶ月経てば、ぜ~んぶオレンジ色の電車になるんだもんなぁ…。

地元が東上線沿線で何時も50000系を見てるのに半蔵門線に来てまで同じ車両を見たく無い…(マジで

2006年2月 6日 (月)

2/6 5107Fの東武線夜間走行レポ

前述した通り終日運用に解禁されたため、現在は夜間でも走行するようになった5000系6扉車。

その様子を取材してきた。

ダイヤ改正まであと1ヶ月となり、こちらの通勤準急表示等も過去帳入りするものとなる。

曳舟にて。

_003

越谷にて。

_010_2

前面の通勤準急表示はこんな感じ。

_011_3

側面表示。カメラの仕様で橙色に見えるが実際は赤。にしてもこのデジカメってホント暗い所に弱ぇー…。(-_-)

_004_2

春日部にて。上の折り返し。区間準急中央林間は日中でも見る事は可能だが夜間での姿という事で。

明るさ等を編集してこの仕上がり。一眼デジがほすぃ…。

_018_1

話題が変わるが、今日から運転開始(らしい)とされていた50050系だが、今日は運行されず。結局、ガセネタだったみたいだ。

以上、簡単なレポでした。

2006年1月31日 (火)

東急5000系6DOOR車終日運転解禁!

5000系6ドア車の固定運用とされている13K運用は15時代、長津田で通常の4ドア車と車両交換されていたが、2月1日より終日運用となり夜間にも6ドア車が出現する事となった。(ダイヤ乱れで見られた事もあったけどね…。)

なお、6ドア車の入る運用は13K、A45Kと依然として変わらない。

車両の都合により通常の4ドア車で運用される事もある。

※詳しくは東急、メトロ、東武の駅に貼り付けられている6ドア車案内ポスターを参照。

写真は撮影次第、載せる予定。勿論学校帰りに撮る予定だ。(w

-参考画像- ~6ドア車の夜間走行~

_026_1

因みにこれは昨年12月19日のダイヤ乱れの影響により、P74Tに5104Fが代走したもの。